June 09, 2005

シュレッダーを選ぶ

シュレッダーを買うときは是非店頭で試運転してからにしたい。
実際、これほど違いがあるとは思わなかった。

自宅用の2代目シュレッダーを買いに電気屋に行った。
実は1代目は紙詰まりで故障してしまったためだ。

個人情報保護が法制化されたためにシュレッダーが売れている。
店頭のシュレッダー売り場が以前より大きくなり、
店頭での比較が以前よりやりやすくなった。

店頭で試運転ができたため、すべてのシュレッダーを試してみた。

自宅用に購入しようとしていた私にとって、
静音性は非常に重要な要素だった。

ところが、店頭で試してみたものの多くが、
壊れているのか!?と思えるほどすさまじい音を発するのだ。

結局、買い求めたのは、IRISオーヤマのSCA406Dというものにした。
これは65dBと謳われており、音の大きさの絶対値としては
「音の静かな」と書くほどではないようにも思えるが、
平均よりも静かな部類でおおむね満足している。

動作音以外のシュレッダ選定のポイントとなる部分を書き記しておきたい。

・クロスカットかストレートカットか
 クロスカットは4mm×20mm程度の長方形状に切り刻むもの、ストレートカットは細長い短冊状に切り刻むもの。
 お勧めはクロスカット。ストレートカットは印刷されている行と平行に切った場合、一行分が丸々読めてしまう可能性がある。ただし、おおむねストレートカットの機種のほうが安く、また動作音が静かな傾向がある。もしストレートカットの機種を選択する場合は、裁断するときに文字の印刷されている行と裁断する方向が直角方向になるように紙を挿入するようにしたい。

・カットの大きさ
 細く、細かく裁断できる機種のほうが機密性が高い。ただし、値段は高くなる。また、紙詰まりなどによる故障もおきやすい。実際、私は非常に細かく(2x4mm)裁断できる某機種を一代目として選択したが、残念ながらすぐに故障してしまった。ちょっと分厚い紙を挿入してしまったことで、あっという間に故障し、中央部分から紙が吸い込まれなくなってしまった。紙を吸い込む部分の食いつきが悪くなってしまったのだ。それにあまりに細かく裁断されるので、くず入れの引き出しから飛び散ってしまい、周りが裁断くずだらけになって掃除するのがいやになる。必要以上に高級なものを選択するのも考え物だ。

・投入可能枚数と投入口の大きさ
 もちろん投入枚数は多いほうが良い。投入口は大きいほうが良い。
 投入口の小さなものは大きな紙を入れるときには折りたたんで挿入するのだが、2回折りたためば枚数として4枚になる。投入枚数3枚などと書かれたものなら、これだけでアウトだ。そうでなくとも、ゴミになる運命の紙をきれいに折りたたむほど暇ではないので、適当に放り込むことになる。そうすると紙はグシャグシャになりながら吸い込まれていく、投入枚数に余裕のない機種では、この状態で紙を吸い込むことができず紙詰まりを起こしたり故障したりすることになる。レシート程度の紙しか裁断しないというのなら良いが、用途が固定されない家庭用として買うのなら、そのうちいろいろなものを裁断したくなるので、可能なら大き目のものを購入するのが良い。

・連続稼働時間
 これはおよそ2分程度から10分程度に設定されており、実際に連続して使用するとモータが冷えるまで30分程度待たされることもある。コンパクトな機種ほど放熱が悪いためか時間が短めだ。実際にはあまり問題になることはないかもしれないが、自宅用となると、掃除して出てきた書類を一気に処理しようというような場面がたびたび発生する。このときに機械が冷えるのを待たされるというのはなんともイライラするものだ。

・紙検出
 これは挿入口に機械式もしくは光式のセンサーがついていて、紙を投入すると自動的にモータが回り、裁断が終わるとモータが止まる仕掛けのこと。当然あったほうがよい。連続稼働時間との関係でたびたび止まってくれたほうが実質的な連続動作時間を長く取ることができるからだ。
 もし光検出方式と機械式とが選べるなら、光検出のほうにしたい。機械式の場合は、ATMのレシートのようなコシのない紙を入れようとすると紙のコシがセンサーのバネに負けてしまうことがある。(たいていは問題にならないが)

・引き出し方かバケツ型か
 裁断くずのケースの形状についてだ。引き出し式のほうが優れている。バケツ型はゴミ箱の上に機械が乗っている形態なので、ゴミ捨ての時には本体を持ち上げて取り外す必要がある。それほど大した作業ではないが、シュレッダーの本体は3~4kGほどあるのが普通なのでゴミ捨てのたびに漬物石をのけるほどの力が要る。

・くずケースの大きさ
 購入するときには、コンパクトな機種が魅力的に見える。だが、コンパクトな機種は、ゴミ箱がすぐにいっぱいになってしまう。砂時計の砂が落ちた部分の形状を思い出していただければわかるように、裁断した屑は満遍なく落ちるのではなく、山形に降り積もっていく。高級な機種だとゴミセンサーがついており、ある程度の高さまで屑がたまれば、屑を捨てないと作業を継続できない。屑は、あっというまに溜まるので、ある程度大きさがある機種のほうが使い勝手が良い。

・逆転スイッチ
 大抵ついているが、紙詰まりしたときには逆転させて取り除く必要があるので付いていない機種だと不便する。高級機種にはオートリバース機能が付いているものがある。これは裁断中にモータの負荷が高まると自動的に一定時間逆回転させて自動的に紙詰まりを解消しようとする機能だが、そこまでの必要性はあまり感じない。

・手動か電動か
 鉛筆削りのようなハンドルが付いている手回しタイプが売られている。電動シュレッダーは7000円から50000円くらいするので、店頭で初めて値段を見ると思ったより高く、激安の手動型を選んでしまう人も多い。だが、実際に買ってしまうと、何でもかんでも裁断して捨てたくなってくるのが人情というもの。すぐに面倒になって電動型がほしくなると思う。そういう気質の方は最初から電動を選んだほうが良い。結局高くつくことになる。

・クレジットカード/CD裁断機能
 付帯機能として売りにしている機種が増えているが、家庭用に買うなら必要性は感じない。
 裁断しなければ、目で見て情報が読み取れる紙とはことなり、CD-Rなどはカッターで傷をつければ十分で、クレジットカードも数年に一度はさみで切り刻んでやれば事足りる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

May 17, 2005

カラスよけに唐辛子スプレー

朝、ゴミを出しにいったら、近所のおじさんがスプレーを持って立っていた。
おじさんは出されたゴミ袋に向けてシュッシュッとスプレーをかけている。

「なにやってるんですか?」と尋ねると、
「これな、トウガラシエキスのスプレー、これでカラスが来なくなるから」とのこと。

確かにこの後しばらくカラスが来なくなった。。。

おじさん曰く、カラスは一度辛い思いをするとそれで学習して
しばらくはカラスが来なくなるとのこと。

しかし残念ながらしばらくすると、
またカラスが来るようになってしまった。

トウガラシパワーもそう長くは続かないのか。。。
しばらくは効果あったのにな。

そうだ、誰かトウガラシエキス入りのゴミ袋作ってくれないかしら。

むかし、爪でこすると匂いのする雑誌があった。
匂い成分の入ったマイクロカプセルを印刷したものだった。

これと同じような方法で、
トウガラシエキスの入ったマイクロカプセルを練りこんだ、
ゴミ袋ってできないのかしらん。

ついばむと、ヒ~ってなるくらい辛いゴミ袋なら
カラスもあきらめてくれるような気がするけど、だめなのかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

April 05, 2005

iPodとB&O A8

今回はiPodのヘッドホンにスポットを当ててみます。

iPodのイヤホンは、ひとめ見ただけでiPodユーザだとわかる
個性的なデザインが特徴です。

発売当初はiPod自体少し高めの値付けだったこともあり、
このイヤホンをつけて街に出て、
人知れず優越感にひたるなんてこともできました。

街中でよく見かけるようになり、電車の中で見ず知らずの方と
お揃いの耳元に少し気恥ずかしさを感じるようになった頃、
高級な(高価な)イヤホンが売れ出しました。

一昔前までは高級路線のイヤホンといえば
B&OのA8くらいしか見かけませんでした。
これは バング&オルフセンというデンマークのメーカの作品で
お値段は14,000円程度です。

最近では、SHUREのE2cやE3cなども、iPodにぴったり
などという宣伝文句をつけて販売されています。
こちらは、9,000円(E2c)から18,000円(E3c)の値がついています。

これらに続けとばかりに、
お店には実に様々なデザインのイヤホンやヘッドホンが並ぶようになりました。

かくいう私もB&OのA8を購入したひとりです。iPod購入より前でしたが、
発売当初12,000円だったこのイヤホンの発売を雑誌で知り、
何度もお店に足を運び、6ヶ月も悩んだ挙句に決心して東京で購入しました。

たかがイヤホンに12,000円も使ってしまったことに多少の後悔もありましたが、
はたしてこの選択は正しかったと帰宅してから実感することになりました。

それまで使用していたイヤホンがあまりに粗末だったことことと相まって、
ヘッドホンひとつでこれほどまでに、豊かな音の広がりを感じることができるのか
と感動した記憶があります。

それ以来ずっとイヤホンはA8を使用していましたが、形あるものいつか壊れるもの。
使い方が荒かったせいか断線させてしまいました。

そこでA8を修理するまでと思って開封したiPod付属のイヤホンで、
私はもう一度驚くことになりました。
付属品だと侮っていましたが、これがなかなかよい音をしているのです。

聞くところによると、B&OのイヤホンとiPodに付属のイヤホン、
どちらも日本のスピーカメーカがOEM供給しているとのこと。

もちろんOEMといえど、
供給先のポリシーに合わせてチューニングを施しているでしょう。
それに、同じメーカ製といえども
個別の製品別にとらえるとピンきりなのかもしれませんが、
それでも私は妙に納得してしまいました。

どうでしょう。 これからは、付属のイヤホンで聴くときも、
このイヤホンは高級イヤホンと同じメーカのものなのよって思ってみては。
音、いつもと違って聞こえるかもしれませんよ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

iPodのケース磨き、75円也

日テレの某深夜番組でiPodの製作現場を紹介していた。
ケース背面の鏡面仕上げされたステンレスケースの磨き工場だ。

iPodが越後生まれというのは有名な話だが、
まさに、このケース磨きが新潟県燕市でおこなわれているのである。

燕市といえば食器などの金属加工ではぴか一の技術を誇る地域である。
日本が誇る職人技がこんなところで生かされていると思うとうれしいものだ。

それにしてもこの磨き賃、一個あたり75円だそうである。
これを高いと見るか安いと見るか、
Appleと燕の職人さんとで大きな意識差があるに違いない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

March 13, 2005

一夜漬け勉強法

漢字のテストに英単語のテスト。大嫌いで、大の苦手でした。この大嫌いを乗り切るのに私が使った方法を紹介します。

ポイント1:寝る前の下ごしらえ
これが一番大切。寝る前にしっかりと覚えるのです。これに王道はありません。しかしコツはあります。その勉強のコツをここでは紹介したいと思います。

ポイント2:連続用紙
連続用紙というのはコンピュータのプリンタからはきだされる、ミシン目でつながった長い紙のこと。昔は千頁一箱で500円くらいで売っていました。製本されたノートよりもずいぶん割安で大量の紙面が手に入り、しかもコピー用紙のようにバラバラになったりしないので重宝します。

この連続用紙を机の足元において、紙をひざの上から机の上に引き出し、書き終えた部分が机の後ろに落ちていくようにすると、即席手動プリンタの完成です。

ポイント3:大きな文字で大胆に
文房具屋さんに売ってる6mmや7mm罫線のノートに小さな文字で書いていたら手が痛くなってしまいます。そうではなく、太いペンで大きな文字で書きなぐるように描くのです。

連続用紙の罫線のないスペースに3センチくらいの大きさの文字でどんどん書いていきます。ペンなので書き間違ったりもしますが、修正液などは使わずグチャグチャっと塗りつぶしてどんどん書いていきます。そうすると文字がイメージになって頭に残るようになってきます。

ポイント4:声を出して飽きるまで
自分の手で書きなぐったテキストができあがったら、それを声を出して読み上げるのです。視覚と聴覚を駆使して焼き付けるように読み上げるのです。

これを何回か寝る前に繰り返します。そうすると飽きてきます。内容に飽きてくるということは、脳みそが内容に新鮮味を感じなくなって、もうたくさんだと感じているわけですから、記憶できたも同然です。

ポイント5:寝る
徹夜して試験に望む方もいらっしゃいますが、お勧めしません。いったん覚えたらとにかく寝るのです。

人間は夢を視ます。夢を視ている時、脳みそは起きている間に見聞きしたことを整理しているのだそうです。だから、とにかくいったん覚えたと思ったら、自分の脳みそにお任せして眠りにつくのです。あとは脳みそが勝手にやってくれます。寝る前に飽きるほど読み上げた連続用紙の物語を経験として整理して記憶の引き出しにしまい込んでくれるのです。

ポイント6:目覚めたらすぐ起きる
二度寝してはいけません。目覚めたら、寝ぼけ眼でもとにかく起き上がって机につきます。そして寝る前に読み上げた自家製テキストをもう一度見直すのです。

そうすると、寝る前は言葉が詰め込まれていっぱいいっぱいだった頭の中が整理されていることに気づきます。

もう一度、内容を見直したら、あとは試験を頑張りましょう。満点は取れないかも知れませんが、試験なんて及第点をもらえばそれで十分です。それ以上は興味があれば自然に勉強したくなりますし、好きで勉強したことはあっと言う間に身につきます。興味が無ければそれ以上は勉強するのは時間のむだです。将来そのことに興味が出たときに、そういえば昔勉強したことがあるな、と思い出せれば十分です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)